Wine Opener 4








クラッチタイプ

上部の横棒をねじり続けると、コルクにスクリューがねじ込まれた後に自動的にクラッチが外れて、コルクを引き抜く動作に切り替わります。ねじ込む作業と引き抜く作業の両方を同じ動作で行うタイプ。半自動タイプです。

長所は何と言っても、引き抜く作業をネジを使って行うため、さほど力を必要とせずにできることです。

しかし、上部の横棒とネジの交差部分にあるクラッチが、なかなかうまく動作してくれません。わずかな部品の削り具合でスムーズに動いたり、あるいはクラッチが外れなかったりします。そして調整は誰でもできるわけではありません。

写真のものはドイツ、ゾーリンゲンで作られたもの。ステンレスのヘアーラインが美しい高価なものです。しかし、クラッチはなかなかスムーズには動作してくれません。


それにしても雰囲気がドイツらしい・・。





ご意見、ご質問等は下記アドレスに送ってください。
info@plantr.com

["PLAN" The Room Virtual Office]